寝たきり?認知症?炭水化物抜きダイエットの危険性[錦糸町で安いパーソナルジムといえばBEYOND(ビヨンド)ジム 錦糸町店] – 【公式】BEYOND(ビヨンド)ジム 錦糸町店 パーソナルトレーニングができるプライベートジム

NEWS & BLOG

お知らせ

BLOG

寝たきり?認知症?炭水化物抜きダイエットの危険性[錦糸町で安いパーソナルジムといえばBEYOND(ビヨンド)ジム 錦糸町店]

2020.02.22

皆さんこんにちは!
BEYOND(ビヨンド)ジム 錦糸町店トレーナー兼管理栄養士の野村優衣です!


前回のブログでも当店のお客様が炭水化物を抜かず、しっかり食べた上で痩せているという記事をアップしましたが、多くの人が未だにダイエットで炭水化物を抜いています。


その危険性と健康に対する悪影響をいくつかお話します。

炭水化物だけ控えるのではなく、PFCバランスをしっかり管理することが大切です!

PFCバランスについて

上記の記事でPFCバランスについて学びましょう!


まず炭水化物抜きダイエットは一般の人ができる気軽なダイエット法として認知している人がほとんどだと思いますが、炭水化物ダイエット自体はもともと糖尿病や重度の肥満患者への食事療法として、提案されたもので病院に入院するほどの人たちが検討すべき療法であり、日常生活が行える個々の人がやることは様々なリスクを負うこととなります。

なぜ炭水化物を抜くのが危険かというと、炭水化物などが私達の脳や酸素を運ぶ赤血球などのエネルギーとなるからです。


これらのエネルギーは、生命を維持するのに必要なものです。


糖質を制限してしまうと、代わりにタンパク質を構成しているアミノ酸を、肝臓が糖に作り変えるというシステムが働き始めます。

タンパク質を糖に変えられるなら、肉を食べれば問題ないのではないかと思う方もいるでしょう。

しかし、人体の維持に必要なエネルギーをタンパク質や脂質でまかなおうと思ったら、毎日大量の肉を食べなければなりません。

数kgもの肉を毎日食べ続けることは現実的に不可能です。糖エネルギーが不足すると、それを補うために、体は自分の筋肉を分解してアミノ酸に変えていきます。

結果、筋肉量がどんどん減っていってしまうのです。



上記の理由からも炭水化物ダイエットを行なうと筋肉量の低下により基礎代謝が低下し、より体脂肪量が減らなくなるとともに、骨粗しょう症なども加齢とともに発症して歩行困難になる方も多く見受けられます。



特に女性の方、高齢者の方は骨粗しょう症を発症する確率が高いので炭水化物抜きダイエットをするのは危険です。

認知症や寝たきり、最悪は内臓や血管系に負担をかけることもあり続けると死に至ることもあります。

ここまで話をきいて、炭水化物抜きダイエットをしますか?


特に現在は情報社会のため、嘘か真かわからないものを多々存在します。
特にその情報を調査することなく、ただ楽という一言で何も調べず手を付ける方が多すぎます。

ですから、この僕が発信している情報も嘘か真か確かめる必要性があります。
それを確かめるには、是非ビヨンドジム錦糸町店でボディメイクしてみてください。


炭水化物抜きダイエットをしなくても、体脂肪量は低下しますし、筋肉量も増加します。

また私達はコンテストのために、皆様より多くのダイエットやトレーニングを重ねて、常に試行錯誤しアップグレードしております。

自分の健康は自分で守り、自ら作りましょう!

こちらのLINEにて友達ID検索していただくと、カウンセリング、体験トレーニングのご予約ができます! 
LINE@ID:@yoo8820m

http://lin.ee/a7qT8mU




BEYOND(ビヨンド)ジム 錦糸町店
東京都墨田区江東橋2丁目7-10 豊栄ビル2階
錦糸町駅徒歩4分